HOME>Column>カタログギフトの内容を確認【香典返しでよく使われる品物】

カタログギフトの内容を確認【香典返しでよく使われる品物】

風呂敷

タオルやお茶が一般的

冠婚葬祭の後には返礼品が欠かせませんが、中でも難しいのが葬儀・告別式の後の香典返しではないでしょうか。戴いた金額の半額を充てるのが一般的ですが、遠方の住んでいる方への対策としてカタログギフトを選択するケースが増えているようです。もちろん、返礼品をあらかじめ選んでおいても問題はありません。よく選ばれている品物としては、タオルやお茶が挙げられます。タオルはどれだけあっても困る品物ではありませんし、お茶のような消費型の品物は貰った側も重宝するはずです。タオルは今治が有名ですし、お茶は静岡や京都が名産地です。値段や種類が豊富ですし、落ち着いた印象を与える返礼品と言えるのではないでしょうか。相手に気を使わせないことが大切です。

香典

グルメなら海苔やお菓子を贈る

香典返しの品物は様々ですし、カタログギフトの中には食材が多く含まれています。お肉やお魚でも構いませんが、昔から定番となっているのが海苔とお菓子です。どちらも美味しい食材ですし、賞味期限が長いこともメリットではないでしょうか。カタログギフトの中には色々な海苔やお菓子が掲載されていますし、選ぶ側のセンスが問われているはずです。有名洋菓子店のお菓子がたくさん載せられていますし、有明海産の海苔は世界的にも有名です。お世話になった方には返礼をするのが当たり前ですし、香典返しは今後の付き合い方を左右すると言われています。四十九日をメドに返礼をするのが一般的ですし、ショップにゆく年くる年スタッフがアドバイスをしてくれるはずです。