>Column>香典返しにまつわるマナー【カタログギフト申し込み時にも重要】

香典返しにまつわるマナー【カタログギフト申し込み時にも重要】

香典返し

葬儀の後に喪主は、香典返しを準備することになります。それでは、どんな人を対象として香典返しをおくることになるでしょう。葬儀に列席して頂いた方で香典を持参してくれた方を対象として香典返しをおくるのが基本です。葬儀にお花をおくってくれた人や弔電をおくってくれた人へは基本的に用意しなくてよいでしょう。ですから、香典をいただいた人の数だけ用意します。あまり遅れてしまわないように注意しましょう。それほど、人数が多くなかったとしても、何をおくっておけばよいのか、結構迷ってしまうものです。そんな人にぴったりのものがあります。それはカタログギフトになります。これはお祝いのお返し等によく使われることがありますが、香典返しで利用しても問題ありません。

葬儀で香典を頂いた方には、葬儀のあとに香典返しをおくることになりますが、とても便利なものがあります。それは、カタログギフトと呼ばれるものです。これを上手に活用することで、香典を頂いた方々全てに対して利用できます。ですから、誰に何をおくらないといけないと悩むことはないでしょう。カタログギフトの魅力は、ひとつのカタログの中にとても多くの品物が掲載されていることです。しかも、カタログによって3000円程度のもの、5000円程度のものといった感じでランク分けされています。従いまして、香典を頂いた金額にあわせて、カタログを選べます。ランクとしては数万円のカタログもありますので、親族におくるのも良いでしょう。

女性