HOME>Column>カタログギフトを利用する前に考えたい香典返しの意味

カタログギフトを利用する前に考えたい香典返しの意味

冊子

不祝儀という考え方がある

自分が香典返しをもらう時は特に何とも思わない場合でも、自分が贈る側になった時は、品物選びで相当悩むケースも珍しくありません。それは贈り先の趣向などに合わせて選ぶほか、不祝儀といった事柄へも配慮しなければならないためです。不祝儀は読んで字のごとく、めでたくない儀のことですが、それゆえに贈る商品も慎重に選ぶ必要があります。また香典返しには、滞りなく忌明けを終えた報告の意味や、参列なさってくれた方へのお礼の意味合いも含まれているのです。商品選びでは、それらを先ず踏まえなければなりませんので、あれやこれやと迷われる方が多くなっています。ところが近年ではカタログギフトが大変充実しており、それを贈れば、香典返しも楽にできるようになりました。とは言え、カタログギフトにも種類がありますので、一般タイプは選ばず、不祝儀に相応した物を選択する必要があります。そのことで、受け取る方へも感謝の気持ちが伝わり、心のこもった香典返しができるはずです。

風呂敷

適切な贈り物が集められたカタログギフトが便利

不祝儀向けに特集されたカタログギフトなら、自分で個別に商品を選ばずに済むのでとても便利です。香典返しの商品は、先方に不幸が及ばないように消耗品を選んだり、故人を偲ぶといった意味に絡めるのも一般的ですから、本来なら商品選びも苦労します。その点、香典返し用のカタログギフトなら、業者側で適切に商品をラインアップしてくれているため、それらの選定作業から解放されます。さらに、日常生活に便利な実用品が揃ったタイプや、グルメが充実しているタイプ、そしてエステといった体験型が揃ったものまで、幅広く選べるのもポイントです。また、食べ物関連では消費期限がありますから、ともすれば贈られた方も困る場合があるかもしれません。ですが、カタログギフトなら先方が都合の良いタイミングで注文できますので、受け取った方も便利で、失礼になりにくいと思われます。