低血圧も高血圧と同様に危険がいっぱい【低血圧ケアルでHP回復】

めまいの原因

起立性低血圧とはどういうものなのか

近頃、悩んでいる人が多い症状として、起立性低血圧というものがあります。この症状は、いきなり立ち上がったり、長時間立ち続けていると、めまいが起こる症状です。特に寝ている状態から急に立ち上がった時に、血圧が下がることでめまいを感じます。その他にも、疲労感、動悸、視野のかすみ、時には失神などの症状も起こります。 起立性低血圧が起きる原因は、重力によって体中の血液が下肢に溜まってしまうことがあげられます。その状態では、心臓よりも高い位置に血液が十分に運ばれなくなります。そのため、脳に血液とともに十分な酸素が運ばれないので、めまいを感じます。起立性低血圧になりやすいのは、高齢者、短期間に著しく成長するため10代に起こりやすいです。

効果があるとされる治療方法

起立性低血圧症だと感じたら、すぐに病院で治療を受ける必要があります。病院での治療方法は、食事療法と運動療法が基本となります。まず食事療法では、毎日の生活で水分・塩分を十分に摂るように心がけます。ちゃんと水分を取らないと血液が作られないので、体の中の血液量が減少してしまいます。それで、十分に脳に酸素が行き渡らなくなってしまいます。なので、2リットル以上の水を飲むことが大事です。 そして、運動療法は、水泳、ウォーキングなどで足の筋肉を鍛えることになります。足の筋肉を鍛えることで、血液がスムーズに体内に運ばれるようになるからです。そのため、脳にきちんと酸素が行き渡って、病気の発生を防ぐことができます。