低血圧も高血圧と同様に危険がいっぱい【低血圧ケアルでHP回復】

体調を管理する

低血圧には軽い運動が良い

低血圧を軽減させるには適度な運動がよいとされています。しかし何の運動がよいかははっきりとはされてませんが、ウォーキングなどの有酸素運動を無理なく行うようにしましょう。過度な運動は禁物です。めまいや吐き気、貧血などがひどくなることもあります。下半身に筋力をつけるのも効果的でしょう。低血圧は下半身の静脈に血液が溜まり、心臓へとおくり返す量が少なくなると言われているからです。筋力をつけることによって送り返す量が増えるのです。筋肉の量が多い人には低血圧の人は少ないと言われています。なので体調が悪いからと家の中でごろごろとしているのは逆効果です。横にはならずに家の中でも少しは動いた方がよいと言われています。

血圧と偏頭痛の関係性

低血圧になるとめまいや貧血、立ちくらみなどが日常的に現れるようになります。そこへ偏頭痛まで発症してしまうと生活にかなりの支障をきたします。偏頭痛には慢性的にずっと痛いものと突発的に発作のようになる場合があります。慢性的に痛いのも辛いですが、突発的に起きてしまうのもいつなるかわからない恐怖があります。脳の血管が広がる事によって頭痛がおこります。冷やすと血管を収縮させるので落ち着いたりします。低血圧の治療と同様に血管を収縮させる事で痛みを軽減できるのです。偏頭痛が起きてしまう原因の一つとしても低血圧があげられるのです。あまり高血圧に比べて病気として重要視されてなかった低血圧ですがなった人にしかわからない辛さがあります。